我孫子市 歯科 インプラント 小児歯科

ブログ

誤嚥性肺炎の予防は、お口を清潔にする事が大切です

<肺炎発症率>

グラフ

死亡原因の一位は、がん、二位は心臓疾患、三位は脳血管疾患です。

では4位はというと、それは肺炎です。さらに細かく分類すると誤嚥性肺炎の占める割合がかなり大きいのです。

上のグラフにある通り、口腔ケアーをしていない人は、きれいにしている人の2倍のリスクを抱えるという現状なのです。

誤嚥性肺炎の多くは、口の中の細菌が肺に入って引き起こされます。単に食べものが間違って気管に入るので食べるときに注意すればいい、という事ではありません。

実は、就寝中に、歯の汚れや歯周病菌の混じった唾液がじわじわと喉に流れ込みそれが気管に入り、誤嚥性肺炎を起こすのです。

つまり、お口の中をいつも清潔にしていれば、かなりの確率で予防できるのです。

寝たきりになったら、きれいにすればいい、という事でもありません。

健康な方でも、お口の中を清潔に、きれいにしておくことが、様々な病気の予防に非常に有効なのです。

つまり、定期的に歯科医院でお口の殺菌を行い、毎日ご自宅で歯磨きを行う事が重要です。

当院では、患者さんのお口の状態に合わせて、殺菌治療のサイクルを決めていきます。

定期的ご通院頂いている方のお口の中は、きれいです。汚くありません。

そのきれいをずっと維持する為に私たちは、お手伝いをさせて頂きます。

ぜひ、口腔ケアーに御関心をお持ちください。 院長 水田

Comments are closed.