我孫子市 歯科 インプラント 小児歯科

予防歯科
我孫子市あらき野歯科クリニック 歯を削る「置換治療」から、歯を使い続ける「予防歯科」へ
毎日一所懸命に歯みがきをしているのに歯が悪くなってしまったという経験はないですか?
毎日一所懸命に歯みがきをしているのに歯が悪くなってしまったという経験はないですか?歯の正しいケアを行うのはなかなか難しいものです。毎日、歯みがきをしていても磨き残しが出てしまいます。
定期的に歯科医院に通っていただいて、歯科医による診断をおこない、歯石の除去、パーフェクトぺリオウォーターによる殺菌などの必要な処置を行って、むし歯や歯周病などを未然に防ぐのが予防歯科です。
予防の効果
我孫子市あらき野歯科クリニック 予防の効果
予防の大切さは分かっていても、ご自身での完全な予防は難しいのも事実です。残念ながら日本では定期健診の考え方はあまり浸透していない為、歯に問題がでてから歯科医院に通うのが現状であり、その結果
平均で80歳での歯の残存本数はわずか5本
となっています。
北欧では、古くから定期健診が定着しており、90%以上の子供にムシ歯がなく、
80歳における残存歯数は20本
以上となっています。この数字は定期健診による予防効果が非常に高いことを示しています。
お子さまの定期健診
子供たちをむし歯から守るのは、保護者の方の役目です。
我孫子市あらき野歯科クリニック お子さまの定期健診
万が一むし歯になってしまっても歯科医の観察のもとであれば、進行止めを使い、むし歯は必ずしも削らずに進行させないようにすることも可能です。お子さまにとっては、予防処置は痛みがないので1歳位のお子様でも安心して受けられます。
歯科医師が定期的に診察を行うことで、歯肉の炎症や噛み合わせの問題などを早期に発見でき適切な処理を施すことが可能になります。
お子さまの負担を考えれば、歯が痛くなってから歯科医院に通うのではなく、歯が痛くならないように歯医者さんに通って頂く方がよろしいのではないでしょうか?
大人の定期健診
我孫子市あらき野歯科クリニック 大人の定期健診
ブラッシングでは落ちない歯垢がある事はご存知ですか?
これはバイオフィルムと呼ばれ歯の表面に膜状にこびりついた細菌の塊です。流し台の三角コーナーのヌルヌルがこれと同じものです。これが虫歯や歯周病の直接の原因になります。このバイオフィルムの特徴は歯の表面に強い力で形成され、簡単には落ちません。また抗菌性の薬も効きにくく、ブラッシングではとりづらい物です。
日本人の成人の8割が歯周病と言われています。歯周病は初期の段階では自覚症状がほとんどないため、気が付いたときにはかなり進行していることが多く治療が難しくなります。歯周病も初期段階で認識し正しいケアを行えば、進行を止めることが可能です
痛くなくても少し歯がおかしいなと思ったらぜひご来院ください。歯が痛くなる前に定期的な検診を受け、いつまでも白く健康な歯を残しましょう。
まずは、歯周ポケット測定、及びパノラマレントゲン検査で現状を把握して頂きます。
PTMC
毎日丁寧に歯を磨いていてもどうしても磨き残しが出てきます。こうした磨き残しや形成されたバイオフィルムなどを専門的な器械を使ってクリーニングすることをPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と言います。
PMTCによるクリーニングには虫歯や歯周病を防ぎ、強く美しい歯を保つ効果があります。痛みもなく、時間もかかりません。PMTCの実施でバイオフィルムを除去し、菌の発生を防ぎむし歯になりにくい口内環境を作ります。白く健康な歯を保ち、歯周病や歯肉炎の予防効果が期待されます。
 

★他院との違いはPMTC時にも水道水ではなく、必ずパーフェクトペリオウォーターを使用することです。バイオフィルムの除去を容易にし、確実に殺菌します。処置後、指で歯の表面を触ると「キュッキュッ」と音がします。キレイになった証拠です。
PMTCの流れ
1
歯石をスクーリングでしっかり除去します。
2
フッ素入りの研磨剤を歯の表面に塗ります。
3
柔らかいゴムでできたカップを低速回転する器具に取り付け歯の汚れを取り除きます。痛みを伴うことはありません。(図A)
4
研磨剤を水で洗い流します。
我孫子市あらき野歯科クリニック(図A)
(図A)
フッ素塗布
フッ素塗布
フッ素塗布する事により、歯の表面(エナメル質)に耐酸性の強い結晶を作り再石灰化を促進し、初期のむし歯なら自然に再修復してくれます。そして歯質を強化し細菌の働きを抑制する事により、とても高いむし歯の予防が期待できます。効果を確実なものにする為に、小児の場合には定期的な検診でのフッ素の塗布をおすすめします。