我孫子市 歯科 インプラント 小児歯科

ブログ

小児歯科 その4  シーラント

歯科疾患は予防が大切です。

特に生えたての歯は、質自体が未熟で齲蝕感受性が高い(虫歯になりやすい)

ので注意が必要です。

特に、かみ合わせの要となる6歳臼歯(第一大臼歯)は絶対に守って

あげなくてはいけません。

そこで、行われるのがシーラントです。

これは、虫歯になりやすい歯の溝に、樹脂を流し込み汚れがたまらないように

する処置です。歯は一切削りません。DSC_0325

ブラシで磨いて薬を塗布する程度の処置です。

勿論、シーラントをすれば絶対に大丈夫!という事でもありません。

丁寧な歯磨きが大切なのは言うまでもありません。

お子様方も3ヵ月から半年のサイクルでの定期健診をおすすめ致します。

お子様の健康を守ってあげる事は、保護者の責任です。

その手助けの一部を我々歯科医師が担います。 宜しくお願い致します。

Comments are closed.