我孫子市 歯科 インプラント 小児歯科

ブログ

インプラント治療の考え方 その1

お盆休み明けで、急患の方が非常に多くご予約の患者様には

長時間お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。

 

さて、8月も終盤を迎え、当院でもインプラントオペ等、長期のお休み前には

出来なかった処置を多く控えております。

インプラント治療は、18年前から手掛け多数の症例が良好に保たれております。

下の写真の方は、10年前に上顎の2本埋入し現在も絶好調です。DSC_0207

45歳 男性 歯科医師・・・・  実は 私自身のレントゲン写真です。

 

一次オペは、勤務医であった北口先生の手技によるものです。

上顎洞をさけ、骨の丈夫な部分に埋入して頂きました。3番と近接しているように

見えますが、頬舌的には離れています。完璧です。

二次オペ、上部構造は、現在、当法人牧の原歯科・山本美幸院長に施術して頂きました。完璧です。

自分の歯の様です。非常に重宝しています。

 

よく、患者さんからインプラントはどうでしょうか?と、ご質問を受けます。

しかし、簡単にお答えする事は出来ません。

それぞれの方のお口の中の状態、全身疾患の有無、心の状態、信頼関係、など

全てを鑑みてお答えしなくてはならないからです。

私自身のみで言うならば  「インプラントをやって本当に良かったです」  と言い切れます。

なぜなら、体験し、かつ実感しているからです。

しかし、「インプラントをやった方が良いです」 と簡単にいう事は出来ません。

 

インプラント治療につきましては、シリーズで何回かに分けてお話しをさせて頂きます。

 

診療終了後、打ちっぱなしに行きました。一日冷房の中にいるので、少しは汗を

流さないといけませんね。

100を切れない様な下手くそですが、スッキリします!カキーン!! あっ、また右だ~1408358483341

Comments are closed.