我孫子市 歯科 インプラント 小児歯科

ブログ

骨粗しょう症と歯科治療

骨粗しょう症で、整形外科からお薬を頂いている方が、近年非常に多くみられます。

特に、更年期以降の女性のその傾向は顕著です。

DSC_0131

そのお薬の中に、BP製剤(ビスフォフォスホネート)というものがありますが、

これを服用されている方は、歯科医院にかかる時に必ずお申し出ください。

一般的な虫歯の治療などは、問題ありませんが、歯を抜いたり、骨を削るような治療を

する際は、整形外科と歯科の連携が必要になります。

抜歯の合併症で、骨髄壊死の事例が報告されているからです。

 

歯科治療と全身の影響は非常に密接に関係しています。

お医者さんからお薬が出ている場合は、どんな病気でも必ず歯科医にお伝えください。

安全な治療の為には、服薬状況の把握は欠かせません。

Comments are closed.