我孫子市 歯科 インプラント 小児歯科

ブログ

インプラント オペ

CTインプラント埋め込むのには、それを支える十分な骨が必要です。

しかしながら、多くの症例がその要件を満たさないことが多いです。

例えば、前歯の症例で徐々に歯周病が進行して、抜歯した場合

かなりの骨が吸収(溶けて無くなる事)しています。

ここに、インプラントを施術す事は、慎重を期さなければなりません。

前歯は、審美性(見た目)も非常に大切です。

写真の方は、40代ですが歯根が割れ、化膿し抜歯を余儀なくされました。

隣りの歯を削りたくない、入れ歯も入れたくない、そこでインプラントを入れる事に

なりました。ただし、表側の歯槽骨はほとんど無くなっています。

鼻腔底までの長さをCTでしっかり把握し、骨を削らずにインプラントホールを

形成する大口式埋入法で手術を行いました。

直径3.75㎜ 長さ11.5㎜ のインプラントボディーを正確に埋め込みました。

インプラントは、保健診療ではありませんが、その価値は非常に高いと思っています。

是非、ご相談下さい。

 

Comments are closed.